プロに任せて不動産の管理を行う|不動産管理システムを活用する

保証会社の活用とは

つみき

最近賃貸保証会社という言葉を良く耳にしたり目にする機会が増えてきました。新居をお探しの場合には、「賃貸保証会社」の活用をお願いされることもあります。これは、一体どのような仕組なのでしょうか。皆さんは連帯保証という仕組みをご存知ですか。連帯保証とは、お金を借りる際やアパート・マンションに入居をする時に身元を保証する親族などの名前を申告する仕組みです。万が一支払いが滞ってしまった際には、連帯保証人のところに支払い請求が行く仕組みになっています。でも、アパート・マンションに入居を希望する人全員がこうした連帯保証人を確保できるわけではありません。親族にはちょっと頼りにくい、すでに縁がないなどの状況は誰しもに起こり得るものです。こうした事態に備え、従来の連帯保証人の部分を「賃貸保証会社」が代わりとなって保証する制度が急速に拡大しているのです。この仕組みですと、遠方に親族がいる場合でも署名・捺印を取り付ける必要がなく、すぐに気になる物件に賃貸保証会社を活用して入居が可能になります。入居者が守られる素晴らしい仕組みなのです。では。大家側にとっても優れている仕組みなのでしょうか。答えはもちろんイエスです。賃貸保証会社に手数料を支払う代わりに、厄介な賃料回収業務を代行してもらう仕組みなのです。安易な賃料滞納を減らすことが出来ますし、場合によっては外国人入居者など日本語の扱い方が難しい方にも賃貸保証会社が対応してくれます。