プロに任せて不動産の管理を行う|不動産管理システムを活用する

保証を行う基本の仕組み

お金と電卓

費用負担は入居者

家賃債務保証の基本的な仕組みは入居者が家賃を指定日に納められなかったときに、保証会社が代理でオーナーに家賃を払った上で、入居者から負債を取り立てるというものです。その保証を受けるために入居者は契約と更新のときに保証料を払うことになっています。物件を借りるときには家賃を確実に払えるという信用が必要になりますが、物件のオーナーからその信用を得る方法として家賃債務保証を利用するという形を取っているからです。家賃債務保証は入居者が選べるものではなく、オーナーの裁量によって導入するかどうかを決めることができます。オーナーが保証会社と契約していることにより、契約に定められている物件に入居を希望する人は家賃債務保証を利用しなければならないのが原則です。オーナーは特に費用負担をしなくて良いのが一般的であり、保証会社はできるだけ多くの物件に対して保証を行えるようにすることで入居者から保証料を徴収することで利益を上げています。その保証料をプールすることによって、入居者が家賃を納められなかったときに代わりにオーナーに家賃を払うことができるようになるのです。そして、入居者から負債を取り立てるためにかかる費用もそこから工面することになります。そのため、家賃債務保証の保証料については家賃に比例した金額で定められていて、保証会社にとってリスクが大きい高家賃の物件ほど多くの保証料を申し受けるというのが一般的です。