プロに任せて不動産の管理を行う|不動産管理システムを活用する

保証を行う基本の仕組み

家賃債務保証は入居者が納められなかった家賃を保証会社が代理で払った上で取り立ても行うのが基本的な仕組みです。入居者がオーナーからの信用を得るために利用するという形を取っているため、費用負担は入居者側にあります。

つみき

保証会社の活用とは

賃貸保証会社はとっても便利なシステムです。大家にとっては厄介な賃料回収業務を委託できますし、入居者にとってはわざわざ連帯保証人の署名や捺印を集めなくても、気になる物件にすぐに入居ができます。双方が便利に暮らせるシステムなのです。

不動産管理の課題と解決法

PCを使う人

自動化するメリット

不動産を運営する企業ごとに様々な課題があります。不動産管理システムを用いることで、不動産の管理や賃貸物件の仲介業務を効率化することができます。不動産を運営するとき、どのような問題点があるのでしょうか。最初の問題点は、不動産の管理コストがかかることです。扱う不動産の数が増えるほど、コストは上がっていきます。不動産管理システムを用いることで、不動産の情報を一元化することができます。物件の情報の登録や検索、書類を作成する作業の時間を短縮することができます。また、物件ごとに異なる契約内容もまとめることもできます。次の問題点は、入出金の計算業務が多いことです。計算の処理が多く単調な作業なので、ミスが増え、また作業時間も伸びます。不動産管理システムでは、入出金の計算を自動で行います。自動で行うので、金額の打ち間違えなどのミスや、それによる時間のロスも少なくなります。また、物件ごとや契約者ごとに異なる入金処理に対応しています。また、チラシなどの広告を作成するときの業務の負担を減らすことができます。また、不動産の修繕計画をサポートする不動産管理システムもあります。不動産の保守、点検箇所から修繕計画や見積もりを出すことができます。不動産管理システムの中には、不動産のウェブサービスとも連動しているものもあります。ウェブ上から不動産の情報や、空き部屋の状況を見ることができます。ウェブに上げることで、集客率を上げることができます。

マンション

価値を理解してくれる業者

個別対応をする能力があることが高い品質のマンション管理を期待する上で重要な点です。個々の事情に合わせるためのマンションの情報を得ようという姿勢でヒアリングを十分に行ってくれる業者を選ぶと信頼性が高いでしょう。